作家​一覧

I'm a paragraph. Click here to add your own text and edit me. It’s easy. Just click “Edit Text” or double click me to add your own content and make changes to the font. I’m a great place for you to tell a story and let your users know a little more about you.

 

人生は本 絵は物語の挿絵

アレジャナイ・ナイクリスタ

他作品のオマージュを好んで描く画家。幼少期から現実と空想の区別が曖昧で突拍子な発言が多く、幼い頃の時間を空を眺めて過ごし成人しても時折ぼけっとしていることが多い。

絵や本を鑑賞するたびその物語のもしもを妄想することに夢中になり一つの作品の前に2時間立ちっぱなしになることもしばしば。その状態の彼女に声をかけても無意味なため、そっとされる。彼女曰く作品の中に自身が「お呼ばれ」しているのだという。

​オマージュ作品が主なためコンテストなどには参加していないが、彼女の作品はコレクターの間で密かに愛されている。
担当
​ さつきたまご

​ロムニャンド・ワイーヌ

他作品のオマージュを好んで描く画家であるが、 ナイクリスタとは違いシンプルな線で描くことを好む。

元来数学や理科が好きで研究者になろうとしていたが、落書きで描いた絵が周囲に好評だったためそれを清書してみせたら高評価を受け、そこから画家に転身。本人は「自分にできることで生きていけるならば法に触れない範囲でなんでもやる」と語っている。

家計が苦しい家庭に生まれおもちゃ等を買ってもらえなかったため、脳内で夢中になることができる数学や絵は都合のいいおもちゃであり、それを今もつづけているのだという。

こちらもオマージュ作品が主なためコンテストなどには参加していないが、何人かパトロンを持っている。

​担当 さつきたまご